Archive for the ‘computer’ Category

VM Roleを使ってみたのでメモ   no comments

Posted at 3:26 pm in computer,internet

個人的なメモ書きだったのですが、意外にインストールマニアックス5で使われそうなので手を加えて公開することに。だいぶはしょってます。

※VM Roleの導入については
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/special/azuresdk13_03/azuresdk13_03_02.html
http://d.hatena.ne.jp/StateMachine/20110403/1301808190
を参考にしていますので、Windows ServerならびにVisual Studioの環境が揃っている方はそちらをご覧いただく方が賢明かもしれません。

◎使ったもの
OS Windows Server 2008 R2 SP1(VM Roleのディスク作成用)
Windows Server 2008 R2 SP1 英語版 評価版(VM Roleで使う方)

Read the rest of this entry »

Written by bogus on 5月 20th, 2011

BackTrack5をとりあえず使ってみたよ   7 comments

Posted at 11:45 am in computer,internet,Security

こんにちは。ゴールデンウィークが終わったものの仕事があんまりないアラフォーです。雨に降られながら1人ぼんやりディスプレイを眺めているのって寂しいですね。

さて、5月10日にセキュリティツールが詰め合わされたディストリビューションであるところのBackTrackがバージョンアップされましたので、暇にまかせて使ってみたいと思います。

ちなみにダウンロード先はhttp://www.backtrack-linux.org/downloads/になります。今のところBitTorrentで落とすしかないようです。

とりあえず一番楽そうなVMWareイメージ(デスクトップマネージャはGNOME)を起動してみます。

bt5を起動した

bt5を起動しているところ

起動するといきなりちょっと変わっててさすが最新バージョンと期待させられますが。

相変わらずのテキストベース

相変わらずのテキストベース

それほど変わっているようではないみたいです。BT4と同じくユーザーroot、パスワードはtoorでログインできます。

ネットワーク情報

デフォルトでネットワークは生きてます

BT5ではデフォルトでネットワークが生きているようで、/etc/init.d/networking start はしなくても、勝手にDHCPサーバからアドレスを取ってくるようです。isoとvmでこのへんは違うのかもしれませんが。無線LANについては未確認です。

そして、startxでデスクトップを起動します。動作が若干軽くなっている気がしますが気のせいかもしれません。アイコン周りが洗練されてワナビーの人たちはハッカー専用のクールなOS使ってる俺カコイイ!とお友達にちょっと自慢しやすいかもしれませんね。解像度の変更も簡単でうれしい限りです。画面はもちろん大きくしたところです。

BT5のデスクトップ

BT5のデスクトップ。アイコンが洗練されてます。

そして、起動しただけで終わるのも何なので、BT5から新たにデフォルトでインストールされるようになった(たぶん)Armitageを起動してみました。とはいえ一発起動したわけでもなくユーザー認証で死んだりSSLで死んだりと接続するだけで一苦労でしたがもしかすると運が悪かっただけかもしれません。

armitage

Armitageを起動してみたところ

ということでざっと触ってみました。ツールについては目新しいものはあまりない気がしますが、無線LAN関係ではもう使われない昔のツールが削られている気がします。あとFreeRadiusが入ってますね。。日本語化や気になる無線LANのドライバ関係はVMWare Playerではやりづらいのでまた今度試してみたいと思います。では。

Written by bogus on 5月 11th, 2011

インストールマニアックス5募集開始しました   no comments

Posted at 12:03 pm in computer,おしらせ,日記

こんにちは。

最近はtwitterをまとめながら春のお仕事を続けていたのですが、ようやくカタがつきました。ヒマなのも困ったものですが忙しいのも困ったものです。

さて、前々回から関わらせていただいているインストールマニアックスなのですが、4が終わったところなのに早くも5の募集が始まりました。前回に引き続き、マイクロソフトのクラウドであるところのWindows AzureにいくつWebアプリを突っ込めるかという、相変わらずエクストリームな競技となっております。

そして、参加して、アプリを1つでもインストールした人にはなんと、1万5000円のAmazonギフト券がもれなくいただける、という太っ腹なことになっています(費用が7000円くらいかかっちゃうのですが)。しかも、アプリ1つはほぼ確実に1時間もかけずにインストールできるので、もう8000円いただいたのも当然です。このように、自分が関係者でなければ知り合いのアカウント勝手に登録して、稼ぎまくろうと思うこと間違いない素敵な試みですので、ぜひ、登録してみてください。

また、たくさんインストールした人には、1万5000円に加えてさまざまな賞品もご用意させていただいておりますので、こちらの方にもご期待ください。

そして、今回はチーム戦、ということで、決勝進出には3人の合計点で競う形となっております。3人までのチームを組んだ方がより優勝しやすい(前回の優勝賞品はシアトルのMS本社へのご招待旅行でした)ので、お友達を誘ってぜひご参加ください。

参加はこちらのページから。

と久しぶりのブログ更新はただの宣伝でしたw

参加に関して不明な点がございましたら、コメントいただくか、twitterの@yousukezan、または@maniax_jpあてにつぶやいていただけると親身にお答えいたします。

cats_2011-04-22_3
最近の友達

Written by bogus on 4月 28th, 2011

BackTrack4-R2とGnackTrackR2   2 comments

Posted at 2:16 pm in computer,internet

お久しぶりです。

この1ヵ月あまり、更新もせず何をしていたかというと、インストールマニアックス4というイベントに関わっておりまして、来る日も来る日もインストールに励んでおりました。
クラウドって案外壊れるものですね(涙

で、そこでつかんだバッドノウハウを紹介してみようかとも思ったのですが、SDKもバージョンアップしてきっと何の役にも立たないようになりそうなので、それはやめにして、最近バージョンアップした2つのディストリビューションを使ってみました。

BackTrack4-R2とGnackTrackR2のR22つです。

とりあえずVMWare Playerで動かしてみました。ということで無線LANは動かしていません。ブルースクリーン怖いですからね。

まずはBackTrack4-R2。起動してもR1とそれほど違いはありません。

起動した

#startx
するとGUIになります。

たいしてかわんない

こちらの画面も基本変わりません。ネットワークを手動で動かすのも変わってません。
R1との違いはというとMetasploitが新しくなったとか、新しい無線のドライバが入ったとか、インジェクションできるようにパッチされたのが増えたとか、USB3.0がサポートされたとか一部マニアが喜びそうなマイナーチェンジの模様。もちろん私は一部の方なので試してみようと思います。

で、もう1つの方のGnackTrackR2。GnomeでBackTrackってかんじです。
前のバージョンはちゃんとログインできなかった記憶がありますが、今回はちゃんと動きました。

rootで自動的にログインしたターミナル画面が開きます。

とりあえず動いた

同じく
#startx
するとGUIになります。こっちの方がクールな見かけですね。

いいかんじ

インストールされているアプリケーションはBackTrackと同じような感じです。
一応サイトにBackTrackとは違うと書かれていますが、同じUbuntuベースで、入っているアプリも同じようなもので(登録されているリポジトリはBackTrackですし)なんだか似たようなかんじですね。

とはいえブラウザーもFirefox、Opera、Chromeと揃っており、日本語設定も簡単にできそうですので普段使うなら個人的にはこっちの方がよさげなかんじです。

ということで、どちらも面白そうなディストロなので、冬休みにでも余ったマシンにでもインストールしていろいろ試してみると面白いと思いますよ。

Written by bogus on 12月 10th, 2010

Tagged with ,

Kindle3を使ってみたよ   no comments

Posted at 4:59 pm in book,computer,diary,internet

ということで、前回に引き続き、Kindle3のことです。

とりあえず起動したのでネットに接続してみました。3GもありますがやっぱWifiですよね。
kindle3

とはいえLANのKindleフォルダと同期してくれるような機能はないようなので、あんまり意味はない感じです。電子書籍買うときにしか使えないのでしょうか。

とりあえずネットにもつながったので、ポートスキャンしてみたのですが、どのポートも開いてやがりませんでした。ちぇっ。

で、ファイルを送るにはケーブル経由でPCに接続です。挿すとディスクとして表示されるので「Document」フォルダにコピーすればいいようですね。

kindle-1

とりあえずKindleフォーマットの電子書籍とpdfをコピーしてみました。ここにはありませんが、日本語ファイル名も普通に表示されます。

kindle3

pdfを開いてみたところ、文庫本のように文字が少ないと問題なく開きます。

kindle3

見開きの場合はこんな見かけ。

kindle3

これも回転して表示できるので安心です。もちろん拡大縮小もできます。

kindle3

ちなみにpdfですが、ハッキングの達人のような複雑な雑誌レイアウトの場合、

開くまでの処理にかなり時間がかかります。

また、pdfの作り方によっては(フォント埋め込んでいない場合?)文字が表示されないケースがありました。

漫画のような画像では問題なくサクサク開きます。

転送のコネクタがちょっと堅くて怖いのがちょっとアレですが、

軽いので持ち運んでちょっと本を読みたいときには本当にいいですね。

すでに手放せなくなりそうです。

ちなみに青空文庫は青空キンドルというサイトでpdfに変換してくれるので非常に便利ですね。

まだいろいろ機能があるのかもしれませんが、200ドルくらいでこれなら超満足ですよ。

Wifiだけなら160ドルくらいで買えるので迷っている人はぜひ買ってみましょうってなんだかAmazonの回し者みたいですが。では。

Written by bogus on 9月 1st, 2010

Tagged with

Kindle3が届いたよ   no comments

Posted at 12:33 pm in book,computer,diary,internet

まだまだ暑くて大変ですね。
それはそうと日本には9月半ばに届くんじゃないかとの報道もあったKindle3ですが、なぜか今朝届いたのでびっくりです。まあ、数日前にはメールが来てたのですが、まあ通関とかに時間かかるんだろうなと思ってたら、これですよ。本もないのに早すぎです。

とはいえせっかく届いたのですから、開けてみることにしました。

kindle3-1
箱はこんな感じ。先週単4電池が送られてきた箱よりずっと小さいです。

kindle3-2

開いてみるとこんなかんじです。開けた上ぶたの方にもAmazonとエンボスされています。

kindle3-3

近づいてみるとこんな感じ。フィルムに最初の使い方が貼られているので、もったいないからフィルムを剥がさない人でも剥がさないと使えません。

kindle34

こちらはスターティングガイド。英語です。

kindle3-5

手に持ったところ。大きさの割に軽いです。文庫本より軽いかもしれません。マグニチュード推定法ではiPhone3GSと同じかちょっと軽いような気がしました。

kindle3-6

横から。薄いです。iPhone3GSの半分くらいです。

kindle3-7

電源を挿すと、勝手に起動しました。

kindle3-8

最初は(たぶん)ようこそ、買ってくれてありがとうなページです。

kindle3-9

メニューから自分のコンテンツページを見てみました。辞書がすでに入っているのと、すでに自分が登録されています。アメリカの労働者の人が、刺身にたんぽぽを載せるようにKindle3に一人ずつ登録しているのかと思うと頭が下がります。

kindle3-10

そして、Amazonの書籍購入ページ。ここから電子書籍を買えばいいのだと思います。

で、日本語はどうなっているのかとか、Wifiはどうなのよとか、pdfは読めるのかとか、USBで転送できるのかとか、いろいろ考えることはある気がしますが、とりあえずはこのへんで。(続きはtwitterで)

Written by bogus on 8月 30th, 2010

BackTrack4 R1 Releaseを使ってみたよ   1 comment

Posted at 8:29 pm in computer,internet,Security

みなさんこんにちは。

暑いですね。お盆休みでのんびりされている方も多いと思いますが、わたしゃ仕事で忙しくてたまんないです。人が休んでるとき仕事するのはストレスが貯まりますね。いや、他の人がが仕事しているときは基本的に休んでいるので勝手なものですが。

さて、先日アメリカで行われていましたBlackHatに連動してBackTrackのマイナーアップデート版であるところのBackTrack 4 R1 Releaseというのがリリースされていますので早速使ってみることにします。

DVD-ROMのisoイメージと、VMWareのイメージがダウンロードできるのですが、どうにもVMwareはUSBと相性が悪く、無線LANアダプタを使うには辛いのでDVDから試してみましたよ。

起動画面はこんなかんじ。R1って書いてます。
BT4-r1

それほど触っていないのですが、ぱっと見たところ、新ツールとかはなさそうで、バージョンアップだけなのかな、といった印象ですが、無線LANに関してはRT2800/3070のドライバが入ってて、個人的には結構なヒットです。これで、最近安くで売られている802.11n対応のUSBドングルからもクラックできるようになってて、これでヤフオクとかを漁らなくても安心だと思います。
(本家のブログを見たら実はこれが大きなトピックだったようですw あとはデスクトップ環境にFluxboxが使えるようになったらしい)

とりあえず手元にあったGW-US300MiniSからAircrack-ngを使ってでWEPクラックしてみました。
クラックできました。

他もこれまでバグで動かなかったものやデフォルト設定に難があったものが動いたりするかもしれないので、新しもの好きの人は試してみたりするとよいのではないでしょうか。

Written by bogus on 8月 10th, 2010

Tagged with ,

BackTrack4 Final Releaseの収録ツールリスト   no comments

Posted at 12:28 pm in computer,internet,Security

BackTrack4 Final Releaseがリリースされてからすでに数ヶ月が経ってしまいましたが、今さらながら収録ツールリストです。自分用のメモなのでいいじゃないですか。気が向いたら情報を追加するかもしれません。まとめてみてわかったのは、意外と見落としてたツールが多いことです。使ってみなきゃなあ。

BackTrack4Betaの収録ツールリストから新たに追加されたものについては、太字にしてあります。
あと、*が付いているものは重複しています。

Read the rest of this entry »

Written by bogus on 5月 18th, 2010

Ubuntu Pentest EditionとGnackTrackを起動してみたよ   3 comments

Posted at 2:05 pm in computer,internet,Security,tool

Ubuntu Pentest EditionGnackTrackという、2つのセキュリティ系のディストリビューションが公開されていたので、手元のVMWare Playerから起動してみました。基本的に起動しただけなのであまり期待しないでください。

まずはUbuntu Pentest Editionです。liveという思わせぶりなものを選んで起動したのですが、ユーザー名もパスワードもわからず… どうやらlive用のユーザーは用意されていないようです。

いきなり挫折。

ユーザーもパスワードもわからずログインできない…

余ったマシンにでもインストールしろということなのでしょうか。そういや余ったサーバ機やらがすぐ近くにあるので気が向いたらインストールしてみようかと思いますが…

その前にもう1つGnackTrackを動かしてみることにします。
Read the rest of this entry »

Written by bogus on 4月 26th, 2010

iPhone買いました   no comments

Posted at 6:28 pm in computer,internet

こんにちは。ようやくX01Tの年季が明けた今日この頃です。
普通の人が普通に使いこなせるる携帯っていいなあってことでiPhoneを買いました。
長いものには巻かれる派ですよ。ええ。

ちょっと忙しかったので特にアプリも入れずに一週間ほど経ったのですが、いまだ電話する機会もないので、とりあえずiPhoneに向けて一人寂しく電話かけることにしてみました。
テストモードですよ。ええ。iPhone電話の初体験はテストモードですとも。
Read the rest of this entry »

Written by bogus on 3月 11th, 2010

Tagged with