BackTrack4-R2とGnackTrackR2   2 comments

Posted at 2:16 pm in computer,internet

お久しぶりです。

この1ヵ月あまり、更新もせず何をしていたかというと、インストールマニアックス4というイベントに関わっておりまして、来る日も来る日もインストールに励んでおりました。
クラウドって案外壊れるものですね(涙

で、そこでつかんだバッドノウハウを紹介してみようかとも思ったのですが、SDKもバージョンアップしてきっと何の役にも立たないようになりそうなので、それはやめにして、最近バージョンアップした2つのディストリビューションを使ってみました。

BackTrack4-R2とGnackTrackR2のR22つです。

とりあえずVMWare Playerで動かしてみました。ということで無線LANは動かしていません。ブルースクリーン怖いですからね。

まずはBackTrack4-R2。起動してもR1とそれほど違いはありません。

起動した

#startx
するとGUIになります。

たいしてかわんない

こちらの画面も基本変わりません。ネットワークを手動で動かすのも変わってません。
R1との違いはというとMetasploitが新しくなったとか、新しい無線のドライバが入ったとか、インジェクションできるようにパッチされたのが増えたとか、USB3.0がサポートされたとか一部マニアが喜びそうなマイナーチェンジの模様。もちろん私は一部の方なので試してみようと思います。

で、もう1つの方のGnackTrackR2。GnomeでBackTrackってかんじです。
前のバージョンはちゃんとログインできなかった記憶がありますが、今回はちゃんと動きました。

rootで自動的にログインしたターミナル画面が開きます。

とりあえず動いた

同じく
#startx
するとGUIになります。こっちの方がクールな見かけですね。

いいかんじ

インストールされているアプリケーションはBackTrackと同じような感じです。
一応サイトにBackTrackとは違うと書かれていますが、同じUbuntuベースで、入っているアプリも同じようなもので(登録されているリポジトリはBackTrackですし)なんだか似たようなかんじですね。

とはいえブラウザーもFirefox、Opera、Chromeと揃っており、日本語設定も簡単にできそうですので普段使うなら個人的にはこっちの方がよさげなかんじです。

ということで、どちらも面白そうなディストロなので、冬休みにでも余ったマシンにでもインストールしていろいろ試してみると面白いと思いますよ。

Written by bogus on 12月 10th, 2010

Tagged with ,