日本ダービーの血統を見てみる   no comments

Posted at 10:21 pm in diary

いつもインチキ血統予想をmixiに書いているのですが、ダービーなのでがんばったら明らかに分量をオーバーしてしまったのでここに書きますよ。いつにもましてチラシの裏な雰囲気がバンバンなので興味のない人は本当に読まないでください。皐月賞で小銭が入ったから調子に乗ってるんですよ。

ということでダービー出走馬の血統診断です。

ロジユニヴァース
弥生賞勝ち馬。父ネオユニヴァースは二冠馬で母系はイギリス色が強い。ファミリーナンバーB3という元非サラの特殊な母系に属しているだが曾祖母Sonic Ladyは全欧3歳牝馬チャンピオンだったりするので特に問題はないだろう。Cape Cross×Machiavellian×Nureyevとヨーロッパに偏っているのがどうかと思うし、距離も2000くらいベストじゃなかろうか。

アプレザンレーヴ
青葉賞勝ち馬。父シンボリクリスエスは母系がGold Meridian×Tri Jet×Francis S.と血統的には活躍の根拠がよくわからないのだけどダービー2着で秋の天皇賞は勝ってるので東京は大丈夫かなあ。母系はHighest Honor×バイアモン×Green Dancerとフランスっぽいかんじだけど、どこにも影響力の強さを感じなくてかえってシンボリクリスエスにはこういう方がいいのかもしれない。

フィフスペトル
函館2才S勝ち。3歳になってまるでダメなのはともかく血統を見ると、父キングカメハメハはNHKマイルCとダービーを勝ったけど産駒はしょぼいかんじ。母父BahriはSakheeという大物を出したものの他はイマイチ。母系にも活躍馬が少ないのでどうにも。

トップカミング
父ゴールドアリュールはダートで活躍したSS産駒。母父サクラバクシンオーは種牡馬としてもほぼ短距離に活躍馬は集中しているのでダービーは厳しいんじゃないかなあと。母系の活躍馬はガバナスイセイ(エンプレス杯)くらいで母系的にもどうかと。

マッハヴェロシティ
父マンハッタンカフェはドイツ血統のステイヤーだけどなぜかスピードもあって大成功してるのでびっくり。母系はタイキシャトル×Storm Cat、その後はアルゼンチン牝系なのでよくわかんないけど、きっと距離が長いような気がする。

ケイアイライジン
プリンシパルS勝ち。父Came Homeはサンタアニタダービーなどを勝ったまあまあの馬で、特に活躍産駒もいないのだけど去年日本に輸入された。母系はA. P. Indy×Roberto×Nijinsky×Habitatと上級だけど、小回り得意なスピードタイプかなあ。

ナカヤマフェスタ
東スポ杯2才S勝ち。父ステイゴールドはなかなかG1が勝てなかったが、産駒としてはいきなりドリームジャーニーがG1を勝ったけどそれ以外は案の定勝ちきれない。母父であるタイトスポットはブラボーグリーンくらいしか活躍馬はいない。その前はデインヒル×Cure the Blues×Hail to Reasonと良血だけどいかんせん地味なかんじ。

ブレイクランアウト
共同通信杯勝ち。父Smart StrikeはCurlinとかEnglish Channelとか輩出している名種牡馬。母父フレンチデピュティはクロフネはじめ日本で大成功している。母母父Baldskiは母父としてBetter Talk NowとかMeckeとかBCターフに縁があって芝もOKっぽいのだけど、基本的に米血一辺倒なので小回りの方がよさげ。

ジョーカプチーノ
NHKマイルC勝ち。父マンハッタンカフェは菊花賞や有馬記念を勝ったステイヤーだけど、産駒はジョーカプチーノがNHKマイルC勝ち、レッドディザイアが桜花賞、オークス共に2着したように距離不問。NHKマイルCの時も距離の問題が言われたが、フサイチコンコルド×トウショウボーイ×フォルティノで血統的には全く問題ないだろう。

アントニオバローズ
シンザン記念勝ち。父マンハッタンカフェは菊花賞や有馬記念を勝ったステイヤーだけど、産駒は距離不問だけど。イマイチ勝ちきれないところもある。母父KingmanboでNorthern Dancerの母系なのでG1勝つ底力はあると思うが。

セイウンワンダー
朝日杯勝ち。皐月賞3着。父グラスワンダーは朝日杯と有馬記念を2回勝ってる中山の鬼。母系は日本の伝統的なサンマリノ系にサンデーサイレンス×リアルシャダイ×テスコボーイとそのときの最良の配合がなされている。東京よりは中山の方がよさげかもしれないがまあ。

リーチザクラウン
きさらぎ賞勝ち。父スペシャルウイークはダービー、JC、天皇賞秋を勝ってと東京は大得意。Seattle Slew×Mr. Prospector×Secretariatと質は高いがアメリカンな母系なのでワンペースで行ききれないと厳しいかもしれない。

シェーンヴァルト
デイリー杯2歳ステークス勝ち。父ジャングルポケットはダービーとJCを勝ち東京2400は大得意。ただ母父エリシオはメルボルンC2着のポップロックくらいでまあG1にはまるで縁のなさそうな感じ。母系もインパクトに欠ける。

ゴールデンチケット
交流G3兵庫チャンピオンシップ勝ち、毎日杯2着。父はキングカメハメハはNHKマイルCとダービーを勝った。祖母がムーランドロンシャン賞勝ちスキーパラダイスで近親に皐月賞馬キャプテントゥーレ、その母は阪神牝馬S勝ちエアトゥーレということで底力は十分だがどうにもみんなマイラーっぽい。

アーリーロブスト
京成杯勝ち。バブルガムフェローは海外でG1馬を出したものの日本では芝の重賞勝ち馬はこの馬のみ。母父Mazel TrickはPhone Trickの子で母系がメキシコ馬、そして母母父はダート短距離得意なディアブロというまああんまり底力には期待できず。交流G1なら。

トライアンフマーチ
皐月賞2着。父はスペシャルウイーク、母はキョウエイマーチ、母父は80年代最強馬とも言われたダンシングブレーブとまあG1勝っても文句ない血統だけど、母系的には距離は問題ないと思うが、母はキョウエイマーチなのでちょっと距離が長いかもしれない。

アイアンルック
毎日杯勝ち。母父ヘクタープロテクターに父としても母父としても日本のG1勝ち馬がいないのがなんとも。母系での活躍馬はフサイチアソート(東スポ杯2歳S)リストレーション(府中牝馬S)。ダンスダンスダンスって重賞買ってないんだな。

アンライバルド
皐月賞馬。父ネオユニヴァースは二冠馬。兄弟にダービー馬フサイチコンコルド(父Caerleon II)甥に皐月賞馬ヴィクトリー(父ブライアンズタイム)。母系に思ったほど活躍馬はいないのだが、まあ突っ込みどころはほぼない。

そして予想は

◎アンライバルド
○アプレザンレーヴ
▲ジョーカプチーノ
△トライアンフマーチ
×セイウンワンダー
天気とかリーチザクラウンの一発にも期待したいので買い目はまだまだ変わるかと。

Written by bogus on 5月 30th, 2009

Tagged with