会社勤めを辞めて家でブラブラ仕事するライフハックを実践してみた   no comments

Posted at 2:23 pm in diary,life

以前のエントリでも書いた記憶があるのですが、今年から個人事業者という名の自宅警備員をやっております。仕事は主に猫の世話をしたり猫の写真を撮ったり原稿を書いたりしています。以前生活費についてのエントリを書いたのですが、だいたいそこに書いているような感じで小さく生活していますよ。

さて、そんな自宅警備生活も半年を越え、それなりに落ち着いてきましたので、会社勤めとの違いといい点、悪い点についてまとめていこうかと思います。

変顔にゃんた1

写真は我が家の警備隊長です。

よかった点

・通勤しなくてよくなったよ!

通勤に往復1時間以上もかかるうえに、ラッシュで辛い思いをしていたのですが、それがなくなったので、ずいぶんストレスが減りました。忙しくて疲れていると電車に吸い込まれそうになることもありましたがもちろんそれもありません。

・好きな仕事のやり方が選べるよ

好きな時間に、好きな音楽をかけて、好きな格好で仕事ができます。僕は体調を崩したため会社を辞めることになったのですが、椅子が変わって、辛いときにはベッドに入れる環境だと腰の具合も順調ですよ。

あと、オプションとして寒い日だと膝に猫を乗せて仕事ができます。(∩´∀`)∩ワーイ
重いですが。。

・変な打ち合わせや接待に行かなくていいよ!

仕事とあまり関係ない定例の会議などがないので、仕事に集中することができます。そのおかげで同じ仕事でもかかる時間が減った気がします。
もちろんうっとうしい質問に答えたり、よくわからない意見をぶつけられたりすることもないですから、ストレスもたまらず楽しい環境です。もちろん自分の都合が優先できますので、上司の都合で遊びの予定が台無しになるということもありません。

・好きなことをする時間が増えたよ!

社内の打ち合わせや会議、通勤の時間が減ったので(あと、仕事も減った><)テレビを見ながらゴロゴロする時間や、自転車でうろうろしたり、自分のための趣味のプログラムを書いたりする時間が増えました。これでお金が入ってくれば最高なんですけど、なかなかそうはいきませんね。

・昼間のお外は気持ちがいいよ

平日の誰もいないところをお日様を見ながらうろうろできます。これって内勤のサラリーマンをしているとなかなかできないことで、10年近くも住んでるのに、家の近所にはこんなものがあったんだと再発見することもしばしばです。

あと、行列のできるラーメン屋やお菓子屋も平日だと並ばずに買い物できますよ。すげーっ!

よくない点

・収入が減ったよ!

自宅警備と猫の世話ではお金が入ってこないよ!ママン!

というのは当たり前のことで、原稿料だけでは日々生活するだけでやっとのことで、年金とか払ったので最近貯金を切り崩しています。これがなくなったときのことを考えると頭が痛いです。競馬か株かFXかtotoかなんかでガツンと一山当てたいところです。

・人と会わなくなったよ

もともと友達も少なくて積極的に飲みに行ったり遊びに行ったりするタイプではないのですが、打ち合わせもメールと電話で済ますようになってますので、より一層引きこもりライフに磨きがかかっています。家に遊びに来てくれたらお茶くらい出しますよ。
これじゃ東京に住んでる必要ないんじゃないかと思って、自分が15年ほど前に家賃5万も払って住んでたのに180万円で売りに出されている新大阪のマンションに興味津々です。もしくはIターンです。

自宅で仕事をすることで仕事とプライベートが曖昧になってしまうのではないかという懸念があると思うのですが、これはもともとの仕事が曖昧な仕事だったのでそれほど変わりありません。仕事とプライベートが分けられるってのは性格的な問題じゃないかと思いました。

結論

自宅で仕事をするとストレスフリーですが、金銭的には困るので誰か生活費を恵んでください。


気が向いたら年収100万で本当に生活できるのか的な、もうちょっとリアルな話を書こうと思いますが、それはまた次回に。

Written by bogus on 5月 13th, 2009

Leave a Reply