ハッカージャパンとその頃の自分を振り返る9(2000年-3)   2 comments

Posted at 11:27 am in computer,diary,日記

昨日はハッカージャパン編集部の送別会でした。これですべて終了ですね。ぼくもいい加減に就職先探さないと。

cats_2013-12-17_22

編集部のお2人お疲れ様でした。

 

さて、ハッカージャパン21ですが、Vol.3の前に「ハッカージャパンマニアックス」というハッカージャパンの総集編のような書籍を出します。この後休刊までこの手のまとめ書籍は出し続けることになりますが、その初回になります。

この書籍が個人的にははじめて手がけた書籍でした。中身は基本的に使い回しなのですが、表紙とか帯とか紙の話とか、雑誌の編集ではなかなか手がけられないので、いろいろと勉強させていただきました。

Exif_JPEG_PICTURE

帯が大きいので帯なしではカバーの下の方が少し寂しかったような。

この巻頭カラーページとして「HackersStyle2000」というハッカーのお宅を訪問してPC周りを撮影させてもらうという企画がありました。この撮影にVladさんの家に行ったのですが、そのときPCから聞こえてきたのがCoolioの「Gangster’s Paradise」で、「スティービーワンダーお好きなんですね」「いや大嫌い」「それスティービーワンダーのサンプリング」「え」「え」と気まずい空気になったことを思い出します。

Exif_JPEG_PICTURE

Vladさんのおうち訪問

そしてちょうどこの頃のスワンステークスで万馬券を当てて、その儲けで新しいPCを購入しました。Celeron300Aでした。PCを買ったことよりも、2着と3着が逆だったらあと何倍かは儲かってたのでそっちの方が頭に残っています。残念ながらこの数レース後シンボリインディはレースで死んでしまいます。

そんなことをしているうちにVol.3です。

●ハッカージャパン21 Vol.3(2000年12月発売)

Vol.3も引き続き3人体制です。3人といっても実質2人で作業を進めていたので、何をやっていたのか正確な記憶がないくらい忙しかったです。3人目になってもらいたかった多木さんの仕事がちっとも進まないのが気になっていましたが、まだ入りたてですし、自分の担当が多すぎて全くそれどころではありません。

Exif_JPEG_PICTURE

引き続き3人-1くらいの体勢で進むHJ21

特集は診断ツール、FWときて、IDSを扱ってみました。luminさんの紹介で新たにSilverRainさんに執筆していただいてます。そしてすごく詳しい製品カタログですが、バイオレンス与太郎って誰だったっけ… 全く思い出せません。

Exif_JPEG_PICTURE

手がけた特集はIDS

そしてこの号で初めてJavaScriptをテーマにした長い原稿を書いてもらいました。今ではFirefoxでJavaScriptがオフにできないくらいいたる所で使われており、セキュリティの世界でもXSSなんかで大人気ですが、この頃はまだPCの性能がまだ低かったことや回線が重いこともあって、Cookieを使ったステートフルなショッピングサイトなんてまだほとんどありませんでした。
JavaScriptが使われるのはエロサイトのバナーのポップアップくらいだったのもあって、セキュリティを気にする人はJava、JavaScriptはオフが基本、というのが常識でしたが、そんなときに基本的なことですがJSの原稿を掲載できたのは良かったのではないかと思います。そして好評だったのでVol.4にも引き続き原稿を書いてもらいました。

あと、お便りに載っているのは名前忘れてしまいましたが、パチンコ必勝ガイドのバイトで入ってきた子のはずです。名前忘れるくらいなのでそんなに長くはいなかった気がしますが武田くんとかと同じ頃入った気が…

Written by bogus on 12月 20th, 2013

2 Responses to 'ハッカージャパンとその頃の自分を振り返る9(2000年-3)'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'ハッカージャパンとその頃の自分を振り返る9(2000年-3)'.

Leave a Reply